作業服ならews!注文方法や作業服の選び方とは

作業服1

作業服といえば、効率性を重視した機能性の高い一着が求められます。しかし、機能性は維持したままオシャレな作業服を取り扱っているのがewsの強みです。作業服のみならず安全靴も取り扱っているので、作業用の服装一式をewsで揃えることができるでしょう。

では、ewsはどんな通販サイトで、どう作業服を選べばよいのでしょうか。

ewsの取扱商品

作業服9

ewsで取り扱っているのは、現場で使用できる作業服や安全靴、ベルトや帽子などのアクセサリー全般です。特に作業服に関しては防寒服から春夏用作業服、空調服などを取り扱っており、季節ごとに合わせた作業服を購入できます。

一年を通して使いやすい作業服をお探しの方には年間作業服も販売しているので、作業現場の環境次第で購入する作業服を選択できます。また、ポロシャツやTシャツといった服装も用意しており、不足している場合はついでに購入してしまいましょう。

値段も数千円と手頃な価格に抑えられている商品が多く、高品質ながらも手を出しやすい価格帯の作業服が多くなっています。

豊富なブランド

アシックスやエドウィンといった有名ブランドはもちろん、クラシックスタイルなデザインの多いドッグマンなど見た目にもこだわられたブランドが多数並べられています。国内ブランドはもちろん、中国ブランドやアメリカ製のブランドなど、多種多様な選択肢からお気に入りのデザインを見つけることができます。

ewsはオシャレ作業服をテーマにした通販サイトであるため、作業服のブランドに疎かった方もこの機会に自分なりのお気に入り作業服を見つけてみましょう。丁寧に選んだ作業服はそれだけで仕事に対するモチベーションを上げてくれますし、より仕事に身が入るようになります。

配送方法や送料

ewsではヤマト運輸と佐川急便から配送業者を選べます。また、送料は一部地域を除いて一律600円となっており、送料無料となるのは購入金額が10,000円を超えてからとなります。一部地域に該当するのは北海道や沖縄、離島になります。

それぞれ送料が北海道は1,500円、沖縄と離島は2,000円と割高になるため、できれば送料無料分まで購入すると無駄がありません。ただし、送料無料になる金額も20,000円になっているので注意が必要です。《関連 ... 作業用パンツ ... ユニフォームタウン

支払い方法

支払い方法はクレジットカード払い、代金引換、銀行振込から選べます。クレジットカードは主要なブランドが揃っているので、特に注意点はありません。代金引換の場合は手数料が300円から600円にかけてかかるので、その金額分追加で用意しておきましょう。

銀行振込の場合は、三菱UFJ銀行あるいは紀陽銀行から選べます。

いずれにせよ注文から3日以内の振込と振込手数料が必要になるので、この点も覚えておくと無駄がありません。

加工について

購入した作業服に対して、ネームを入れたり裾上げを注文することも可能です。ネームを入れる場合、胸ポケット上部と肩口にそれぞれ会社名と個人名を刺繍できるので、ぜひ依頼しておきましょう。価格も税別200円と安価ですが、1箇所につき200円なので胸ポケットと肩口両方に刺繍する場合は料金も倍になります。

また、お届け希望日は10日以降に設定されます。

なるべく日程に余裕のある段階で注文しましょう。ちなみにネームはフォントを選べます。ゴシック体や明朝体など、指定がある場合はそちらに合わせて選びましょう。裾上げに関しては無料で行われています。股下寸法をcm単位で入力するだけなので非常に簡単ですし、忘れずに記入しましょう。

裾上げされずサイズの合わない作業服は作業効率を下げかねません。

ewsで取り扱っているブランド:ドッグマン

作業服やカジュアルウェアを販売している中国産業が提供するブランドの一つがドッグマンです。オールドアメリカンがテーマになっているため、余計な装飾を付けずシンプルでスタイリッシュにも見えるデザインが特徴的です。

落ち着いたカラーが使われていることも多いので、着回し力も高い作業服を購入したい方におすすめできます。着心地の良い作業服も多く、機能性も抜群です。ewsの作業服の中でも要注目のブランドといえるでしょう。

着心地重視でまずは選ぶ

ewsではオシャレな作業服を数多く取り扱っているので、デザインばかりに目が行きがちです。しかし、作業服の基本はその機能性にあることを忘れてはいけません。作業服選びにおいて何よりも大切なのは、快適性や着心地の良さといった部分なのです。

着心地の良さとは作業服に使われている素材もそうですし、吸水性や通気性などが大きく影響しています。デザインだけを確認して購入するのではなく、通気性はどこまで考慮されているのか、どんな素材が使われているのかを必ず一度は目を通しておきましょう。

また、着心地の良さというのは本人の好みにも影響されます。作業に支障をきたしそうな作業服は購入せず、デザイン性と機能性を両立させている作業服を探しましょう。

デザインを無駄にしないサイズ選び

せっかくの魅力的な作業服も、サイズ選びで間違っていては台無しです。サイズが大きすぎても小さすぎてもだらしのない印象を与えますし、魅力的なデザインを無駄にしないためにもサイズ選びは慎重に行いましょう。すでに作業服を所有されている方は、現在着用している作業服や安全靴のサイズを確かめれば確実です。

また、作業服は季節や作業現場次第でかなり着込むことになります。下に何枚着るかを想定してサイズを選ぶことも重要なポイントなので、インナーシャツを何枚も着込む場合にはワンサイズアップさせることも考慮しましょう。

一枚は持っておきたい色違い

作業服は、見た目のデザインで大きく差別化することが難しいファッションです。作業効率を損ねないために機能性を下げるような服装にはできず致し方のない部分もありますが、だからこそ作業服でオシャレを楽しみたい場合はフィット感とカラー選択が非常に重要になります。

フィット感はダボッとした印象を避けるため、そしてカラー選択は色だけで他とは違うファッションを楽しめるためです。作業服は落ち着いた色で被りやすいものの、十分作業服ごとの違いを出すことは可能です。あまり派手なデザインは目立ちすぎるかもしれませんが、お気に入りの作業服があれば一着色違いのものを揃えておくと気分も一新できるはずです。